求人広告でチェックしたい年間休日の多寡

求人広告を見た時に、記載されている年間休日日数は、単に数字だけ見てもそれが多いのか少ないのかは分かりにくいですよね。そこで日本にある企業全体の平均年間休日日数を知っておく必要があります。大手求人サイトによると、平均の年間休日日数は、124日となっています。ですので、単純に平均より年間休日日数が多いか少ないか、または平均と同じかという判断で求人情報を見ていくといいでしょう。年間休日日数が平均より多い企業への応募は、応募数そのものが増える傾向があります。加えてその職種には専門的な知識が求められることが多いものです。給料がなかなか上がらない中、企業に求めるものは変わって来てはいますが、年間休日が少ないからと言って仕事が厳しいとかブラック企業であるということにはならないということを知っておかなくてはいけません。年間休日が少ない代わりにまとまった休みが取得しやすく、有給休暇の面でメリットがあるなど企業独自のシステムを取っているかもしれません。広告の文面から分からなければ企業のホームページを調べるなど自分で情報収集しましょう。